包茎手術を受けて早漏が以前よりマシになりました。

包茎手術を受けて早漏が以前よりマシになりました。

 

男にとってやはり包茎は気になるものです。手で皮をむくと一応はむけるのですがすぐに元に戻ってしまいます。

 

いつも皮を被った状態なので刺激に弱く亀頭を直接いじると痛いくらいです。

 

刺激にならそうとしても皮がすぐに戻るのでどうしようもありません。

 

彼女とのセックスも早漏なのですぐに終わってしまいます。

 

勃起すればむけるので彼女は気にしないといってくれるのですが衛生的にあまり良くないので何よりも見た目がかっこ悪いので手術を受ける決心をしました。

 

そこからは包茎手術を受ける病院を探すことをしました。自分の大事なあそこを手術するのですからいい加減な病院では手術をしたくありませんでした。

 

病院のホームページの情報だけでなく、ネットでの口コミなども参考に情報収集をしました。

 

そこで料金は他の病院よりも高めに設定されているのですが、技術と人間性が信頼できる先生だと評判の病院で手術を受けることに決めました。

 

手術自体は一時間ほどで終了したのですが麻酔が切れるとやはり痛みが残ります。

 

なのでしばらくは歩くだけで痛いです。後術後のケアも大変で術後3日は風呂には入れないし、一週間はアルコールも禁止です。

 

他には自転車にも乗ることはできませんし激しい運動もできません。当然マスターベーションも禁止です。

 

しかし、術後しばらくは痛くて手術をしたことを後悔しましたがそれでも包茎手術をしてよかったと思っています。

 

常にむけている状態を維持できるので亀頭が刺激に強くなり彼女とのセックスでも長持ちするようになりました。

包茎手術の実際の失敗談

 

包茎手術を行う際に殆どの方が、無事に包茎手術を終了させる事ができ、包茎から脱却する事ができるのですが、残念ながら包茎手術を行う事で、色々と失敗してしまった方も中にはいます。

 

どのような失敗があるのか、実際の失敗談を参考にする事で、手術前に医師の方に相談する事ができ、よりリスクを減らす事ができるようになるはずです。

 

実際に包茎手術をすることで、どのような失敗があるのか把握する事で、その後の対応もスムーズに進める事ができるはずですので、手術前には必ずどのような失敗があるのか把握していただきたいです。

 

私も包茎手術を行った際の失敗談を見させていただきましたが、様々な失敗が発生する可能性があることを知りました。

 

その中でも一番多いのは、形がおかしくなってしまう事です。せっかく包茎手術を行ったのにも関わらず、形がおかしくなってしまったら意味がありません。もしそのような状況になった場合には、裁判で訴えるなど法的処置も仕方ありません。

 

包茎手術は昔に比べて、成功率が格段の向上していますが、それでも失敗してしまう時があります。

 

もしそのような状況になってしまった場合にも、冷静に対処する事ができるように、失敗談を見てもらいたいです。

包茎手術を受けて早漏が以前よりマシになりました。関連ページ

モテるために包茎手術をする
【包茎治療・包茎手術】信頼と実績の優良クリニックランキング
包茎手術の支払い方法
【包茎治療・包茎手術】信頼と実績の優良クリニックランキング
質の良い包茎手術クリニックを選択する
【包茎治療・包茎手術】信頼と実績の優良クリニックランキング